ネギまバトルロワイアル まとめサイト 別館


短編No106 それってば青酸カリw

 
作者:マロン名無しさん
掲載日時:2008/03/17(月) 00:21:17
ネギま! バトルロワイヤル


「生き残ってるのはどうやら私たち二人だけのようですね」
放送を聴き終えた夕映がそっと声をかけた。
「そうみたいやな、アスナもハルナもみんな、死んでもうたんやな」
このかは悲しそうに呟いている。
「せめてもの救いはせっちゃんがこの戦いに
巻き込まれへんかったこと・・・くらいかなぁ」

ケ゛ーム終了まではまだ、大分時間が合ったため
結論を出すのに急ぐ必要はない、と考え
二人はとりあえずこのかに支給された
麻帆良学園購買部厳選ドリンク10本セットを
飲むことにした


「ほな、これ夕映の分な」
そういって、ジュースを夕映に渡す
「このか、ありがとうです。」
(ごめんなぁ夕映ウチ、どうしても生きのこらなあかん
そやから、そのジュースに青酸カリ入れたんよ
堪忍してな)
このかの懺悔を心の中で聞こえる。

夕映「ふぅ、やっぱり、落ち着きたい時は
この、ワカメアーモンドのジュースに限ります。」
このか「へっ!!!」
ちなみにジュースのパッケージの中に
アーモンドの文字は入っていない。




夕映「このかさん、もし自分が生き残った時
まずは、何をしたいですか?」
不意にこのかに問いかける
突然の質問にすこしとまっどたが
このか「せっちゃんに会いたいウチのことを待っててくれとうから
そんで、ずっと一緒に暮らしたいんや」
それを聞いた夕映は、ゆっくりと頬を緩めて
夕映「それを、聞いて安心しました。
こんな、ばかげたゲームに巻き込まれたといって
復讐しようなんて考えないでほしいです。
このかさんは、刹那さんと幸せになってほしい
それが今の私のたった一つのねがいで・・・。」
そういって夕映はその場に倒れそのまま息を引き取った




その後、ウチは優勝者として島から帰還した。
島で行われた事は隠蔽され京都の実家にかえることになったんや。
おとんや昔の赤い翼の人たちを集めとったけど
復讐なんかいやや、キリがないんやから
そおいうとクウネルはんに一言
「ほんと、強い子ですね」
とだけいわれてみんなどっかへいってしもうた。
・・・・・・・・ラカンはんを除いて
そんでいま、ウチはせっちゃんと縁側に肩を寄せ合って座っている。

「せっちゃん?」
「なんでしょうかお嬢様?」
「ウチ、ガンバル、みんなの分まで一生懸命生きたいんや
せやから、一緒にガンバロ」
このかの突然の言葉に刹那はそっと一回うなずいた。
このか「みんな、みといてほしいんや、ウチらのこれからもを
ずっと・・・・ずっと」

京都の青空に向かってこのかはそう願っていた。


 

    [管理人の短編一言感想集] その106
    主役は木乃香?な短編。
    青酸カリをアーモンドだと思って飲んだ夕映に吹いた
    by 別館まとめ管理人(YUYU)
    お問い合わせはyuyu_negirowa@yahoo.co.jpまでお願いします。
inserted by FC2 system